プレミアハートジャパン | 狭心症早期診断

MCGについて

心筋梗塞・狭心症の新しい解析値

心疾患は先進国における死亡の主要原因であり、早期検知が早期治療が望まれている領域であります。MCG検査は、簡易かつ放射被爆のない、非侵襲的検査で、高い精度の検査として、アメリカでFDA認可及びCPTコード(保険コード)も取得し実用化されている新しい検査方法です。

糖尿病では「血糖値」、痛風では「尿酸値」等の検査値がありますが、MCG値は心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患の新たな解析値(バイオマーカー)として広く利用されることが期待されています。

MCGが日本国内でも広く使われることにより、一人でも多くの方の虚血性心疾患の早期検知に役立って行くことが我々の願いであります。