プレミアハートジャパン | 心臓病類似症例マッチング技術

MCGについて

心筋梗塞・狭心症の類似症例マッチング技術

これまでの心電図が医師、技師の方が心電図波形を目視で確認していたのに対し、MCGは心電図データを細分化して約4万名のデータと自動照合することにより、その状態を解析する全く新しい技術です。
注射や放射被爆などなく、約10分程度寝ているだけでの安心かつ高い精度の検査として、米国ではFDA認可及びCPTコード(保険コード)も取得し実用化されています。

心疾患は日本を含む先進国における死亡の主要原因である一方、自覚症状がない場合などがあり、早期検知が望まれている領域と言われています。
MCGが日本国内でも広く使われることにより、一人でも多くの方の虚血性心疾患の早期検知に役立って行くことが我々の願いであります。
通常の心電計(ECG)との違いについて