ニュース

プレミアハートジャパン、MCG解析サービスの日本での開始を発表

2011.11.16

プレミアハートジャパン株式会社(東京都港区)は、アメリカの循環器専門病院で利用されているインターネットを利用した最新の遠隔心臓検査(MCG解析サービス)の、日本への導入を発表いたしました。

MCG(マルチファンクションカーディオグラム)解析サービスは、日本国内で行った患者様の心電図データを、インターネット経由で米国本社にある約4万人のデータベースと照合させ、わずか5分程度で虚血性心疾患の診断を行うことが出来る画期的なサービスであり、この検査に対応した医療機器が、今年12月から 東レ・メディカル株式会社 より販売開始される予定です。

MCG検査は、簡易かつ放射線被ばくのない非侵襲的検査で、冠状動脈造影検査比の感度90%というこれまでにない高精度の検査として、アメリカFDA(米食品医薬品局)の認可及びCPTコード(保険コード)も取得し実用化された世界初の検査方法です。プレミアハートジャパン社は、この検査が日本国内でも広く使用されることにより、虚血性心疾患の早期検知/早期治療に役立てていきたいと考えています。

Paired Comparison Study が International Journal of Medical Scienceに発表される。

2011.11.06

MCG解析結果とSPECT検査の結果を比較した論文が International Journal of Medical Sciences紙に掲載されました。論文はこちらをご覧ください。

 

Treatment StrategiesにMCG解析に関する2つの論文が掲載される。

2011.05.13

プレミアハート社MCG解析技術がCambridge Research CernterのTreatment Stragegies詩で紹介される。Dr.Strobeck,Dr.Rainford,Dr.Imhoffの最新の論文とWomen Heart Fundation代表のBonnie Arkus R.N.が女性の心臓病早期検知に対するMCG解析の役割について語った文章が紹介される。文献へのリンク

 

INR Magazine誌にMCG解析の効果が紹介されました。

2011.05.09

Women’s Heart Foundation founder Bonnie Arkus 氏による寄稿文。動悸息切れが起こりホームドクターを尋ねたWalter氏(84歳)。彼の実際の体験とMCG解析により効果的な診断と治療が行われた実例が紹介された。リンク

アメリカ循環器学会 ACC 2011で出展

2011.04.02

ニューオリンズで開催されたACC 2011 大会にMCG解析が出展されました。
また、Dr.StrobeckによりMCG解析とMPI(MPI – Nuclear Stress Imaging)検査との比較結果が発表されました。
ハンドアウトはこちら。

フィリピンMakati Medical Center でMCG解析のプレゼンテーションがされる。

2010.09.14

フィリピン Makati Medical Center の医師たちに対してDr.John StrobeckによるMCG解析のプレゼンテーションが行われた。フィリピン各地から集まった200名を超える医師達にMCG解析の原理とアメリカでの実使用例を中心に行われた。

フィリピンスター

MCG発明者であるDr. シェンがWoman’s Heart 財団にて表彰

2010.02.11

シェン博士がMCGについてWomen’s Heart財団のレッドドレス昼食会で表彰されました。 Women’s Heart財団の代表兼創設者であるボニーアークス氏は、「Dr.シェンが発見したことにより、私たちは、より多くの女性の心臓と命を救うために虚血性心疾患の認知広め、MCGが広く使用されることと思います。」と、シェン博士の心臓病学における大きな進展をコメントしました。