ニュース

心筋ダメージ解析技術として人間ドック学会で発表されました

2016.08.01

2016.08.01

2016年7月29日第57回日本人間ドック学会(於まつもと市)において、MCGに関するランチョンセミナーが開催されました。
今回の演題は「心筋ダメージ『MCG解析』の実力とは?と」題し、心筋細胞のダメージによる影響を解析する技術として、MCGに関する研究発表がありました。

セミナーでは、まず糖尿病専門医である朝日生命成人病研究所の櫛山暁史先生より発表がありました。櫛山先生は糖尿病合併症の神経障害によりMCGスコアが有意に高くなることから、MCGは神経障害による心筋ダメージの変化を検知している可能性がある旨発表されました。

次に、愛知医科大学の循環器内科専門医である安藤博彦先生より発表がありました。安藤先生は、CTアンギオの結果とMCGスコアについて比較したところ、CTアンギオの定量的評価とMCGスコアに相関がみられた旨説明し、無侵襲のMCGは虚血性心疾患の評価に有用である旨発表されました。

なお、座長には昨年と同じく三井記念病院健診センター センター長の石坂 裕子 先生をお招き致し、一杯の会場の多くの皆様に発表を聞いて頂きました。

MCG 人間ドック学会ランチョン

第63回日本不整脈学会でMCGの研究が発表されました

2016.07.19

2016年7月15日に開催された第63回日本不整脈学会(会場:札幌)に於いて、
愛知医科大学より、MCGでの不整脈検知に関する研究が発表されました。

研究の結果、肺静脈隔離後のAf再発の有無に対し、不整脈に関するMCG参考情報に有意差が見られ、MCGは肺静脈隔離後のAf再発の予測に有用であると考えられるという内容で、会場の多くの皆様に発表を傾聴頂きました。

発表内容の要約は以下をご覧ください

日本不整脈学会2016MCG研究発表内容要約

CVIT2016にMCGを出展いたしました。

2016.07.11

7月7~9日に開催されたCVIT(会場:東京)において、

プレミアハートMCG解析に関するブースを出展いたしました。

多くの皆様にお立ち寄り頂き、誠にありがとうございました。

CVITブース2016

 

 

 

 

人間ドック学会でのMCGセミナーと研究発表について(7/29)

2016.07.06

2016年7月29日の第57回日本人間ドック学会にて、MCGに関するランチョンセミナーが開催されます。

今回は『心筋ダメージ解析「MCG解析」の実力とは』と題しまして、

三井記念病院健診センター センター長の 石坂 裕子 先生を座長にお招きし、

  • 「糖尿病患者に対するMCG解析」
  • 「冠動脈狭窄診断におけるMCG解析」
    について、

それぞれのご専門の先生から発表を頂きます。(共催:東レ・メディカル株式会社)

また、MCGを人間ドックに活用されている健診センター様から、MCG結果と危険因子の関係に関する研究発表も予定されております。
学会にお越しの際は是非ご来場ください。

セミナーご案内リーフレット(PDF)

人間ドック学会サイト

第80回日本循環器学会でMCGの研究が発表されました

2016.03.22

2016年3月18日に開催された第80回日本循環器学会(会場:仙台)に於いて、
愛知医科大学より、MCGの有用性に関する研究が発表されました。

研究の結果、MCGは冠動脈疾患の重篤度についてCTAの結果と相関を示し、非侵襲的な手法であるMCGは冠動脈疾患の検知に価値ある貢献をもたららすであろうという内容で、会場の多くの皆様に発表を傾聴頂きました。

第80回日本循環器学会

学会レポートは以下をご参照ください。
学会レポート
日本語要約は以下をご参照ください。
日本語要約

MCGが受けられる病院が全国No1に選ばれました。

2016.01.12

「人間ドック完全ガイド」紙(株式会社普遊舎発行)において、MCGが受けられる大崎病院東京ハートセンター様が「2016年決定版-人間ドック最強リスト-心臓に強い病院10」の全国No1に選ばれました。

MCGは、大崎病院東京ハートセンター様の「プレミアムドック」の主要メニューのひとつであり、当該病院様の人間ドックのメニューがランキングにおいて紹介されております。

なお、「プレミアムドック」について詳しくは以下をご覧ください。

東京ハートセンター プレミアムドック

 

人間ドックでMCGの有用性について発表されました

2015.08.03

2015年7月31日第56回日本人間ドック学会(於横浜)において、MCGに関するランチョンセミナーが開催されました。
「高齢者にやさしい心臓ドックへの提案」と題して実施されたセミナーは、三井記念病院健診センター センター長石坂 裕子 先生を座長にお招きして開催されました。

セミナーでは、まず中部ろうさい病院循環器内科の篠田典宏先生よりIT技術を活用したMCGの基本的な原理が説明されました。また、篠田先生からは、循環器医師の立場から同病院におけるカテーテル検査とMCGとの精度の相関や、カテーテル治療前後、や数か月後のスコアの変化などに関する事例につき発表がありました。

またその後、人間ドックの立場からセレンクリニック院長の森田祐二先生より、CTA/MRIとの比較によるMCGの精度や有用性についての研究の発表がありました。森田先生からは、「健診・人間ドックにおいては侵襲性の高い検査は積極的に使いづらい一方、 MCGは非侵襲でありながら、高い正診率を示し、健診・人間ドックにおける冠動脈疾患の早期検知に非常に有効であると思う」と述べられ、約200名の満員の会場の皆様にMCGに対する研究とその有用性に関する最新の情報につき聞いて頂きました。

第56回人間ドック学会発表会場

人間ドック学会セミナー