第46回日本総合健診医学会で落合出先生よりMCG研究発表がありました

2018年1月に開催された第46回日本総合健診医学会(於:名古屋)において、ハイメディック東京ベイ落合出先生によるMCGに関する研究発表がございました。

健診受診者90名に対し、MCGと安静心電図の結果を、心臓超超音波検査、冠動脈石灰化スコア、吹田スコアと比較したところ、MCGスコアと冠動脈石灰化スコア、心臓超音波検査、吹田スコアとは相関が見られたが、安静時心電図では、石灰化スコア、MCGスコアと相関性が見られなかったという内容でした。
検診時の安静時心電図では心疾患の定量評価は困難であり、無侵襲のMCGは早期検知、定期的なモニタリングとして有効と考えられることから、総合的な心臓機能評価の品質向上のための価値ある有効な検査として健診における有効性が示唆されました。

発表内容要約

カテゴリー: News パーマリンク